錦江園について

施設のご案内

要介護1から5と認定され、常時介護を必要とする方の、日常生活(食事・入浴・排泄・趣味活動など)のお手伝いと健康管理を行います。
全室個室で1ユニット10人のユニットケアです。

ご自身の「生活の質」を確保するために

  • 05 外観 遠景 290x216豊かな自然

    海や山に囲まれた立地により、窓からでも、四季折々の自然を楽しむことができます
  • 温かみのある居室写真
    温かみのある居室
    海や山に囲まれた立地により、窓からでも、四季折々の自然を楽しむことができます。
  • 水廻りの写真
    いつでも快適な空間を
    全居室にエアコン、洗面、トイレをご用意しました。24時間365日、一人一人の生活にあった環境にすることが可能です。

錦江園は、鹿児島のシンボル「桜島」を眼前に望み、波静かな「錦江湾」に抱かれた自然豊かな場所であります鹿児島市南部の平川町、JR指宿枕崎線、国道226号線沿いの錦江湾の岬に位置しております。
錦江園は、三方を海、周りは緑の木立に囲まれ、身近に小鳥のさえずりの聞こえる静かな環境にあります。

その地に、昭和49年6月、日本赤十字社としては全国最初の特別養護老人ホーム錦江園が開設され、現在は特別養護老人ホーム70名、短期入所生活介護(ショートステイ)2名の定員で運営しています。
また、平成26年1月31日に新建物が完成し、平成26年2月からは入居者10人を1単位としたユニット型特養として新たにスタートしております。

さらに、錦江園の隣には鹿児島赤十字病院がありますことから、専門職員によるリハビリ、突然の事故や病気に速やかに対応する体制も整っており、安心して生活できる施設です。
入居者様一人一人の意志と人格を尊重しつつ日常生活の充実とサービスの提供に努めており、また青年赤十字奉仕団をはじめとする多数のボランティアを受け入れ、各種レクリエーション、夏祭り等の行事で地域の方々との交流を深めています。

このページのTOPへ